スケジュール情報編集
 2020年 
* 2月 3月 4月 5月 6月 7月 * * * * *

 2020. 2. 7 hako gallery(代々木上原)  フェルナンド・カブサッキライブ
 2020. 2.29 東長寺  文由閣(新宿御苑)   きわプロジェクトプレイベント「きわにふれる」


hako gallery(代々木上原)  フェルナンド・カブサッキライブ  2020.2.7
アルゼンチン音響派と言われる、フェルナンド・カブサッキさんのライブに
ヨシダ・ダイキチさんと出演します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2/7(金) open 19:30 / start 20:00
@ hako gallery
東京都渋谷区西原3丁目1-4 2F
小田急線/千代田線[代々木上原駅]徒歩5分

予約 3,000円 / 当日 3,500円

フェルナンド・カブサッキ (guitar)
ナガタサチコ (e・hamon)
ヨシダダイキチ (eleki sitar)

予約>
sitar.yoshidadaikiti@gmail.com
または hako gallery へ


========================
▼ フェルナンド・カブサッキ・プロフィール

1965年、アルゼンチン・ロサリオ生まれ。ブエノスアイレス在住。5才のときに手にした2弦ギターがきっかけでギターを始める。1988 年に渡英してロバート・フリップ(キング・クリムゾン)のギター・クラフト・コースに参加。リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ(LCG)の一員として度々フリップの世界ツアーに帯同する。

1991年より、ブエノスアイレスのフィルム・アーカイヴと共同で、無声映画のサウンドトラックを即興演奏する不定形のプロジェクト、ナショナル・フィルム・チェンバー・オーケストラを立ち上げる。

1992年には、LCGの主要メンバーだったアルゼンチン出身のエルナン・ヌニェスとスティーヴ・ボールと共に、ベルリンでロス・ガウチョス・アレマネス(LGA)を結成し、今に至るまで断続的に活動を継続。1995年から数年の間、フォルクローレ・シンガー、リリアナ・エレーロのバンドでギタリストをつとめる。

1998年には初のソロ・アルバム『Houses I』を発表。この前後からフェルナンド・サマレア、マリア・ガブリエラ・エプメール、サンチャゴ・ヴァスケス、アレハンドロ・フラノフ、マリア・エヴァ・アルビストゥール、フアナ・モリーナ、アクセル・クリヒエールらと頻繁に共演を重ね、お互いの作品に参加するようになる。

2000年にセカンド・アルバム『The Planet... and its beings』を発表。この作品には、エルメート・パスコアル、チャーリー・ガルシアやモノ・フォンタナも参加

2002年、フアナ・モリーナのサポート・ギタリストとして初来日。関連作品も次々に紹介され、「アルゼンチン音響派」の最重要人物として一躍注目を集める。これをきっかけに、山本精一や勝井祐二をはじめ、日本の様々なアーティストとの交流を深め、即興セッションを中心に多くの共演とリリースを重ねる。
▲top

東長寺  文由閣(新宿御苑)   きわプロジェクトプレイベント「きわにふれる」  2020.2.29
3月28日東長寺で行われる、きわプロジェクト東京公演 「きわにたつ」のプレイベント
として、第一回 インクルーシブ・ピクニック「きわにふれる」を行います。
第1部ワークショップとトーク、第2部 波紋音のミニライブにトークを行います。
会場は、本公演の会場、東長寺に隣接する文由閣です。


■ 日 時 2020年2月29日(土)
□第一部(14:00 開場、14:30 スタート)
14:30-16:00 ワークショップ
16:00-16:30 ミニトーク
□第二部(17:00 開場、17:30 開演)
17:30-19:00 ライブ+トーク
■場 所:曹洞宗 萬亀山 東長寺 文由閣
東京都新宿区四谷4-24-3(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 大木戸門出口より徒歩7分)

///
ふくふくと実を蓄えた自然が、じっと芽吹くときを待っている。
自然がねむる寒い季節に、自然の芽吹きを私たちは想う。
目をこらし、耳をすまし、空気にふれて、
記憶の自然を呼び起こす。
音と映像と手触りで、自然の音を想うワークショップ

よろしければ、葉でも木のかけら、人工物でも、ご自身が自然だと思うもの、自然を感じるものをお持ちください。
*お持ちいただく「自然を感じるもの」は、他の参加者の妨げにならないもの、会場を汚さないものに限ります。
また、受付時に確認させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
14:30〜16:00
■第一部 ワークショップ+ミニトーク■
■ワークショップ
音や音楽を介して接する臨床家として、数々のワークショップを実践してきた永井美知さん(音楽療法士)を、ゲストファシリテーターに迎え、吉田由梨(デザイナー)、釜石拓真(ビデオグラファー)、永田砂知子(打楽器奏者)が、映像と音によるワークショップを実施します。
16:00〜16:30
■ミニトーク
ミニトークゲスト:永井美知(音楽療法士・保育士)
向井知子(本企画監修・司会)
ワークショップ終了後、さまざまな福祉施設等で勤務するとともに
映像や生演奏を使ったワークショップを実践されてきた永井美知さんに、幅広い年齢層の方々との豊かなふれあいの中に培われたご経験をお話しいただきます。

17:30〜19:00
■第二部 ライブ+トーク■
■向井知子(映像空間演出・司会) 永田砂知子(演奏)
■トークゲスト:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 主任研究員)
http://www.kecl.ntt.co.jp/peo…/watanabe.junji/profile-j.html
http://www.junji.org/


向井知子と永田砂知子の共創によるライブを、室内で行います。
本公演ではみられない映像のランドスケープに囲まれた空間の中でのライブ演奏をお楽しみいただけます。

また、ライブ終了後には、人間と環境、人間と今日の科学技術との新たな関係性を研究されているNTTコミュニケーション科学基礎研究所の渡邊淳司さんをゲストにお迎えし、「感覚のきわ」というテーマで、トークイベントを行います。
参加者の方からの質問にもお答えするなど、出演者と近い距離をもったトークイベントを予定しております。

チケットのご予約はこちらから
単独チケット、通しチケット、などチケットの種類がいろいろと
ありますので、よくお読みになってから購入お願いします。
■プレイベント「きわにふれる」 https://kiwanifureru.peatix.com
■ホームページ:http://kiwa-project.org/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月28日本公演チケットの予約はこちらから
■映像音響公演「きわにたつ」 https://kiwanitatsu.peatix.com

▲top

CGI-design