スケジュール情報編集
 2020年 
* 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 * * 11月 12月

 2020.11.15 日仏会館(恵比寿)  オンライン講演会「パリで出会った波紋音とバシェ音響彫刻」
 2020.11.22 すみだトリフォニー小ホール(錦糸町)  午後の室内楽


日仏会館(恵比寿)  オンライン講演会「パリで出会った波紋音とバシェ音響彫刻」  2020.11.15
オンライン講演会のお知らせです。
日仏会館主催の講演会に出演することになりました。
パリでバシェに出会ってからいままでのことを、バシェを知らない方にもわかるように、動画を交えてお話します。バシェと出会うきっかけとなった波紋音の演奏も15分程度する予定です。ご興味のある方はどうぞご参加ください。
*この講演会は、オンラインのみの会となります。当日会場に来てくださっても参加することはできません。参加方法はこちらのサイトの、一番下のほうに詳しく書かれていますので、ご覧ください。
https://fmfj-20201111.peatix.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「パリで出会った波紋音とバシェ音響彫刻」
講師:永田砂知子(日本バシェ協会会長)
Conférence de la Fondation Maison franco-japonaise
「La rencontre entre les Sculptures Sonores Baschet et Hamon」
Conférencière:Sachiko Nagata  Percussionniste
 Président de l'Association Baschet au Japan

開催日時:2020年11月11日(水) 18:30-20:00
会場:オンライン(Zoom)
参加費:一般1,000円、(日仏会館会員は無料)
主催:公益財団法人日仏会館
https://www.mfjtokyo.or.jp/

以下、日仏会館のご案内文章より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
音響技術者ベルナールと彫刻家志望のフランソワのバシェ兄弟は、1950年代より音と彫刻が融合した音響彫刻を作り、パリ装飾美術館、MOMAなど世界中の美術館などで展覧会が行われました。野外彫刻などのパブリックアートを含めるとその作品数は500以上と言われています。日本でも大阪万博の時に、鉄鋼館ディレクターだった武満徹が招聘し、17点の作品が鉄鋼館に展示されました。

近年、その作品が修復されることにより日本でも再注目され、11月7日から京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)で音響彫刻が5基集合する《バシェ音響彫刻 特別企画展》が開催されます。

今回の講演会では、日本バシェ協会会長である永田砂知子氏に、「音響彫刻」とその魅力について語っていただきます。永田氏は2009年パリでベルナール・バシェと出会って以来、兄弟の業績を広める活動をされています。この講演では、バシェ兄弟との出会いのきっかけとなった鉄のスリットドラム・波紋音(はもん)の演奏もしていただきます。
▲top

すみだトリフォニー小ホール(錦糸町)  午後の室内楽  2020.11.22
永田健一のコンサート案内です。
昨年5月、旧奏楽堂にご出演くださった、ヴィオラの百武由紀さんを迎えて、シューマンの「おとぎ話」をトリオで演奏します。

・・・・・・・・・・・・・・・
2020年11月22日(日)午後2時開演)
午後1時から受け付け開始、午後1時半より入場開始
すみだトリフォニー小ホール 

出演者
永田健一(クラリネット)、
百武由紀(ヴィオラ)、中野明子(ピアノ)

曲目
クープラン:神秘の障壁(Pf.)、
ヴュータン:エレジー Op.30(Va.Pf.)/カプリッチョ パガニーニのオマージュ(Va.)、
サン・サーンス:クラリネットソナタ Op.167(Cl.Pf.)、
C.P.E.バッハ:二重奏 Wq.142,H636(Va.Cl.)、
ルトスワフスキ:ダンスプレリュード(Cl.Pf.)、
リスト:忘れられたロマンス(Va.Pf.)、
ライネッケ:三つのファンタジー Op.43(Va.Pf.)、
シューマン:おとぎ話 Op.132

こちらのピティナのサイトでチラシ表、裏、両面見ることができます。
https://ptna-assets.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/concert/files/20084292.pdf

入場料
全席予約指定 3,800円 前売のみ

今回のチケット販売は ホールからの指示により感染防止のため当日販売が禁止されております。
問合せ、お申込み先
ask3nakano@gmail.com(事務局)
あるいはこのHPのcontactからでも申し込み承ります。

後援:一般社団法人 日本クラリネット協会
   一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会
▲top

CGI-design