スケジュール情報編集
 2021年 
1月 2月 3月 * * 6月 7月 8月 * 10月 11月 *

 2021.11. 1 
 2021.11. 6 アーツ千代田3331(末広町)「sound&art-見る音楽 聴く形」展  バシェ「勝原フォーン」演奏
 2021.11.13 国立民族学博物館(大阪)  みんぱく研究公演<身体で聴く「土の音」> 
 2021.11.14 国立民族学博物館(大阪)  ワークショップ「音にさわるー地球の鳴らし方」
 2021.11.19 アーツ千代田3331(末広町) 「SOUND&ART−見る音楽 聴く形」展 「波紋音」トークと演奏


  2021.11.1
▲top

アーツ千代田3331(末広町)「sound&art-見る音楽 聴く形」展  バシェ「勝原フォーン」演奏  2021.11.6
ミューズカンパニー主催「SOUND&ART―見る音楽、聴く形」展(11/6〜11/21)が、アーツ千代田3331で行われます。様々なタイプのサウンド・アート作品が展示されますが、そのなかにバシェ音響彫刻「勝原フォーン」、教育音具(愛称)「パレット・ソノール」が9点そして波紋音も私の所有のものから9点展示されます。

11月6日(土)午後2時から「勝原フォーン」の解説トークと演奏を行います。
「勝原フォーン」は、70年大阪万博で作られ展示された作品ですが、47年後の2017年に東京藝大バシェ修復プロジェクトにより修復された作品です。
この機会に修復までのストーリーや、聴くチャンスの少ないバシェ音響彫刻の音を聴いていただければ幸いです。

*********************************
アーティスト・トーク&デモンストレーション
11月6日(土)14:10〜15:00
トークと演奏・永田砂知子

このイベントに参加するには、展覧会チケットが必要です。
▼展覧会チケット購入サイト
https://www.e-tix.jp/soundandart/
※新型コロナウイルス感染症予防の観点から日時指定予約制を導入しています。
**********************************

◆<展覧会概要>
サウンド&アート展 -見る音楽、聴く形
会期 2021年11月6日(土)〜2021年11月21日(日)
12:00-18:00 ※入場は17:30まで  
※期間中無休 入場料 一般1,200円、高校・大学生600円、中学生以下300円、未就学児無料
(当日:一般1,500円、高校・大学生900円、中学生以下600円)
アーツ千代田3331 1Fメインギャラリー
東京都千代田区外神田6丁目11−14
・・・・・・・・・・・・・・

本展は「見る音楽、聴く形」をテーマに、新しい創造的な楽器やサウンドをめぐる作品を集めた展覧会です。 美術と音楽の歴史を紐解いてみると、そこにはさまざまな交差点があります。一般的に「音楽」といえば、楽譜に書かれたものを楽器で演奏して作るものと考えられています。けれども、20世紀に入ってからは、これまで音楽とは考えられなかった「音」や視覚的な要素を音楽の中に取り込む試みがなされてきました。既存の楽器では出せない「音」や視覚的な要素を作り出すために、新しい「楽器」が作品として作られました。その一方で、一般には視覚芸術に分類される彫刻やオブジェ、インスタレーション作品の中には魅力的な「音」を奏でる作品があります。
(公式ウエブサイトより抜粋)

ご案内文全文と、作品リストは以下の公式ウエブサイトをご覧ください。

▼公式ウェブサイト
https://muse-creative-kyo.com/caec/soundandart/

▼展覧会フライヤー
https://muse-creative-kyo.com/casys/wp-content/uploads/2021/09/soundart.pdf


▲top

国立民族学博物館(大阪)  みんぱく研究公演<身体で聴く「土の音」>   2021.11.13
国立民族学博物館准教授の広瀬浩二郎さんの企画「ユニバーサル・ミュージアム ― さわる!“触”の大博覧会」に参加します。この展覧会は、広瀬浩二郎さんが視覚障害の方を対象に考えた展覧会です。目の見える人も視覚障害の方のことを考える良いきっかけになると思います。私は展覧会趣旨を考え、「土の音」作家、渡辺泰幸さんをお誘いして出演することになりました。
「土の音」渡辺泰幸さんのウエブサイトです。
https://tutinooto.jimdofree.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆みんぱく研究公演
「身体で聴く土の音」-触れて打つ、揺らして拡げる-
2021年11月13日(土)13:30〜15:15
講師:渡辺泰幸 永田砂知子(演奏)
鼎談出演:広瀬浩二郎
国立民族学博物館 講堂
定員:会場参加・160名 オンライン参加・300名
参加費:無料 要申し込み
(このイベントは、コロナ感染状況により、オンラインのみになる可能性があります
正式決定は10月13日となっています)

詳細はこちらです。
https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/22914?fbclid=IwAR3mK0F_f_8K8vXb0Edf6808KtPV-uIzgMtA_xzuv_RvsoXevNvZGTnIVds
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<展覧会概要>
◆ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
開催日:2021年09月02日〜2021年11月30日
時間:10:00〜17:00
場所:国立民族学博物館 特別展示館
https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/16854?fbclid=IwAR26yc-YiT8ei1oIMetUrGWQ_50Sbzy5_xlrvn0QK8zVgPKvfoTg44rPQ4o

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▲top

国立民族学博物館(大阪)  ワークショップ「音にさわるー地球の鳴らし方」  2021.11.14
国立民族学博物館「ユニバーサル・ミュージアム−− さわる!“触”の大博覧会」(9/2〜11/30)関連企画として、渡辺泰幸「土の音」を使ったワークショップを行います。

講師・渡辺泰幸(造形作家) 永田砂知子(打楽器奏者)

こちらのイベントは、コロナ感染状況により、10月13日に開催可能か決定されます
▲top

アーツ千代田3331(末広町) 「SOUND&ART−見る音楽 聴く形」展 「波紋音」トークと演奏  2021.11.19
ミューズカンパニー主催「SOUND&ART―見る音楽、聴く形」展(11/6〜11/21)が、アーツ千代田3331で行われます。様々なタイプのサウンド・アート作品が展示されますが、そのなかにバシェ音響彫刻「勝原フォーン」、教育音具(愛称)「パレット・ソノール」が9点、そして波紋音も私の所有のものから9点展示されます。私、永田砂知子は、11/6にバシェ音響彫刻「勝原フォーン」を11/19に波紋音を演奏します。
▼公式ウェブサイト
https://muse-creative-kyo.com/caec/soundandart/

**************************
◆<アーテイストトーク&デモンストレーション>
11月19日(金)14:50〜15:00
トークと演奏・永田砂知子
このイベントに参加するには、展覧会チケットが必要です。
▼展覧会チケット購入サイト
https://www.e-tix.jp/soundandart/
※新型コロナウイルス感染症予防の観点から日時指定予約制を導入しています。
*************************

<展覧会概要>
サウンド&アート展 -見る音楽、聴く形
会期 2021年11月6日(土)〜2021年11月21日(日)
12:00-18:00 ※入場は17:30まで  
※期間中無休 入場料 一般1,200円、高校・大学生600円、中学生以下300円、未就学児無料
(当日:一般1,500円、高校・大学生900円、中学生以下600円)
アーツ千代田3331 1Fメインギャラリー
東京都千代田区外神田6丁目11−14
・・・・・・・・・・・・・・
▼展覧会フライヤー
https://muse-creative-kyo.com/casys/wp-content/uploads/2021/09/soundart.pdf
ワークショップもたくさん用意されています。情報はこちらのイベンフライヤーをご覧ください。
▼イベントフライヤー
https://muse-creative-kyo.com/casys/wp-content/uploads/2021/09/soundart_event.pdf

▲top

CGI-design