スケジュール情報編集
 2022年 
* * 3月 * 5月 6月 7月 * 9月 10月 11月 12月

 2022.12. 3 本妙院(池上) 「パスカルの蝶たち」展 波紋音コンサート


本妙院(池上) 「パスカルの蝶たち」展 波紋音コンサート  2022.12.3
美術家・木村奈央さんがプロデュースするアートプロジェクト パスカルの蝶たち展
ー那由多の糸ー展の中で波紋音を演奏します。

たくさんの作家たちが創った蝶たちがインスタレーションとなりその中で演奏できることを光栄に思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|波紋音 演奏| 永田砂知子(打楽器奏者)
|公演日程| 2022年12月3日(土)
|開場時間|17:00-18:15(解説を含む)受付開始16:30
| 会場 | 池上本妙寺 本妙院(本堂)
| 定員 | 40名 
|アクセス| 〒146-0082 東京都大田区池上1-33-5
       東急池上線「池上駅」から徒歩8分
https://temple.nichiren.or.jp/0031049-hommyoin/access/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展覧会に関して主催者の言葉をこちらに転載します。


NAYUTA
パスカルの蝶たち×INHERENT: PETTRN

日時  12月3日(土)4日(日)
    9:00〜16:00
場所  東京池上、本妙院 

パスカルの蝶たち展へご参加の秋山かおりさんのコンテンポラリージュエリーブランド【INHERENT: PETTERN】とのコラボレーション展示を行います。

 今回の展覧会のテーマである【NAYUTA】は、元々は仏教用語で、サンスクリット語の「ナユタ」を音訳した、「極めて大きな数量」という意味をもち、無限大とも云える言葉です。

 私たちは、ディスカッションを重ねるうちに、この不可思議な概念をもつ【NAYUTA】という言葉は、視点を変えれば、数えきれない多様性を示すと同時に大きな一つの世界感を持ち合わせている言葉なのではないのか?と捉え始めました。

NAYUTA ♾=1

要素としての無限大=連なりとしての一。

今回の展覧会に向け、この概念を更に深く模索するために、木村奈央は、アートプロジェクトにより【縁】をテーマとして、秋山かおりは、【固有性】をテーマとしてそれぞれの作品を制作しました。

寺院という祈りの空間において目まぐるしく移り変わる今を点としてではなく「NAYUTAの連なり」として捉え直した時、貴方は、そこに何を見出すのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーー

アートプロジェクト パスカルの蝶たち展
ー那由多の糸ー

パスカルの蝶たち展は、「那由多の糸」という【縁】をテーマとした参加アーティストの蝶の作品約130点をひとつのインスタレーション作品として本堂にて展示いたします。
この作品は、本堂に設置され、4m×4mという大きな作品となります。
寺院という祈りの空間においてのパスカルの蝶たち。どのような空間を生み出せるのか、私自身も非常に楽しみです。

是非、ご高覧ください。

▲top

CGI-design